ロゴ
HOME>口コミ>どうして矯正歯科に通ってるの?【利用者に聞いてみました】

どうして矯正歯科に通ってるの?【利用者に聞いてみました】

歯が痛む男性

自分の歯を見て歯並びが悪いと感じたり、他人から指摘されたりしたことのある人は、歯の矯正を考えてみるといいです。綺麗な口元を手に入れることができれば、思いっきり笑うこともできますよ。

みんなの声

コンプレックスを克服したいのが理由です[20代|女性]

歯並びがかなり悪く、友達から指摘されることもあって、治すべきかどうか、六本木の矯正歯科に相談しています。口元が出ているのもコンプレックスで、美醜問題を相談したところ、顎や歯を動かして、歯並びを整えることを提案してもらいました。結果的に、咬み合わせも改善できる説明で、治療を受けられる年齢や時期が適しているのか、今は矯正相談、診断を待っている段階です。歯の成長が終了しているので、歯の移動がスムーズでないなど、治療期間が長くなることも説明してくれました。六本木の矯正歯科では、口元のコンプレックスが増幅しないよう、装置のみてくれも考え、裏側矯正を提案してくれるなど、気持ちに配慮もしてくれます。費用がかかるものの、コンプレックスを克服できるのなら惜しくない考えで、期待も膨らんでいます。

目立たない治療法があると知ったことがきっかけです[30代|女性]

食べることに不都合は感じていませんでしたが、ずっと放置することには悩んでいました。部分的に食べ物が歯の間に挟まりやすく、このままでは虫歯や歯周病になりやすい懸念があり、矯正治療を考えるようになりました。でも、装置が見えるのは仕事やプライベートでも支障があるので、とりあえず、話しを聞くために六本木の矯正歯科に相談してみました。コチラでは、目立たない治療法として、クリア素材や裏側からアプローチできる歯列矯正の話しを聞くことができました。このことがきっかけにもなって、リンガルブラケット装置を施し、治療中です。他人にほとんど分からない利点があって、まさに悩みを解消できる治療法です。十分な修練を積んだ矯正認定医の先生が治療にあたってくれるので、技術面も安心でき、一任しています。