ロゴ
HOME>トピックス>矯正治療で失敗したくない!【抜歯が必要であるかを知っておこう】

矯正治療で失敗したくない!【抜歯が必要であるかを知っておこう】

歯科矯正

矯正治療で抜歯するメリットとは

矯正のために歯を抜くというと、抵抗感を抱く人が多いと思います。しかし、実際に歯科矯正では抜歯をすることがあり、特に美容目的の場合は最初に抜歯をするケースが多いようです。なぜかというと、歯がきちんと並ぶには、そのためのスペースが必要だからです。比較的顎が小さく、歯がうまく並びきれてないような場合は、第一小臼歯を抜いてスペースを作り、はみだしている前歯をきれいに移動させていきます。その際、通常は上下2本ずつ、4本の歯を抜くのですが、親知らずが噛み合わせの邪魔になる場合はそれも抜いておきます。これにより、前歯が移動し、仕上がりがきれいになります。また、歯並び矯正の一環として、八重歯の抜歯を行う場合もあります。日本人の感覚では「八重歯は可愛い」という考えの方もいますが、海外ではとても嫌われている歯並びの1つです。歯磨きがしにくかったり、口内炎になりやすかったりもするので、できれば抜いたほうがよいと思われます。

歯が痛む女性

抜歯をする前にしっかり医師と話合っておこう

美しい歯並びのためとはいえ、抜歯を簡単に考えて、すぐに実行してしまうのは問題があります。まずは、子供のうちから、顎の成長をコントロールし、バランスよく整えていくことがベストでしょう。あごの成長する時期に、不正な噛み合わせの状態を放置していると、ますます悪影響が大きくなり、あごの変形にまで至ってしまうケースもあります。成長期に噛み合わせの矯正治療をしておくことで、大人になってからの抜歯の可能性を減らすことができることもあるので、歯科医師のアドバイスを受け、話し合っておくことが大切です。最近では、大人の矯正でも歯を抜かないでできる、非抜歯矯正がありますが、歯の移動スペースがないため、かなり難しいケースも多いです。矯正後にもとに戻ってしまったり、歯茎に負担が及んだりしてしまうこともあるので、事前に歯科医と良く話し合ってから行うことが重要です。