ロゴ
HOME>トピックス>矯正治療中でも虫歯になることはある!歯医者でしっかり治療しよう

矯正治療中でも虫歯になることはある!歯医者でしっかり治療しよう

診察室

矯正治療をしていて虫歯になる原因

普段から虫歯ができやすい方はなおさらですが、歯にブラケットとワイヤーを装着していく歯列矯正の場合には歯磨きがしづらい状態になります。歯ブラシが届きにくい部分が出てしまうという事もあるわけですがより丁寧に歯磨きをしていく必要があります。取り外しが出来るインビザラインなどを使う方法であれば影響はないのですが、ワイヤーを装着するタイプの歯列矯正の場合には、注意が必要です。歯磨きは丁寧に行うのは当たり前なのですが名古屋駅近くの歯医者さんでは、歯列矯正をしている間の虫歯予防の管理もしっかりしてくれますし、衛生指導という事で矯正時の歯磨き指導もしてくれるので安心です。同時に口内炎などもできやすくなることも有るので相談してみましょう。

歯が痛む女性

矯正治療中でも虫歯を予防する方法

歯列矯正をしていますと、インビザラインの使用によるものであれば取り外しができますので影響は有りませんが、ブラケットやワイヤーで固定する方法ですと歯ブラシが届きにくくなるため、歯磨きをしていても虫歯になってしまうことがあります。名古屋駅近くの歯医者さんでは、衛生指導という事で矯正時の歯みがきの仕方も丁寧に教えてくれますし、基本的には検診の際にクリーニングをしてくれます。マメに通ってお掃除をしてもらうというのが1番の予防方法ではありますが、自分でできる予防としてはマウスウォッシュなども使ったり、普段よりも丁寧に歯磨きをするというのが大事なポイントです。歯磨きの仕方は丁寧に教えてくれますので安心です。